特進選抜コースⅠ類・Ⅱ類

「総合学習」で展開するEMS(Eimei Motivating System)

進路目標

難関国公立大学・早稲田・慶応などの最難関私立大学

学習サポート

土曜講習・長期休暇講習

特進選抜コースカリキュラム

共通テストに完全対応し、文系・理系科目をバランスよく履修します

卒業生・在校生の声

君島 佳乃さん

君島 佳乃さん

令和2年度卒業

千葉大学 国際教養学部 国際教養学科

 私は叡明高校で自分の目標に向かって勉学に励み充実した3年を送ることができました。受験において入試形式の変更や感染症の蔓延による休校など沢山の困難がありましたが、その中でも友人と励まし合い、またオンライン授業やメールでの質問対応などの先生方のサポートを受けながら努力を重ね、目標としていた第一志望に合格することができました。
みなさんも先生方や仲間と共に充実した高校生活を送ってください。

千葉 彩花さん

千葉 彩花さん

令和2年度卒業

明治薬科大学 薬学部 薬学科/span>

 叡明高校には進路実現に向けて頑張れる環境が整っていると思います。コロナ禍で地域の図書館の自習スペースが利用できない中、学校の自習室で勉強ができたのはとても助かりました。また、先生方の授業はわかりやすく、質問にも丁寧に答えてくださるのでストレスなく勉強することができました。この恵まれた環境の中で友人と励まし合いながら頑張れたからこそ私は志望する大学の合格をいただけたのだと思います。皆さんの高校生活が実りあるものになるよう願っています。

太田 修作さん

太田 修作さん

特進選抜コース在籍

 休校中はテキストはもちろん、タブレットを使った配信授業など多岐に渡った学習方法が用意され、学習面での不安は感じませんでした。文化祭中止は残念でしたが、クラスの出し物の動画をアップして戴き、楽しい思い出になりました。これからも叡明ならではの予備校との提携などをフル活用して変わってしまった生活環境と上手に付き合っていきます。

特選EMS

総合学習においてはPBL型授業を展開し、「思考力・判断力・表現力」を磨きます。1学年で基礎的な力を身につけ、2学年ではより発展性の高いプログラムに取り組みます。

[1学年]

以下の過程をすべてグループによる協働作業で行います。

  1. 各種課題に関する情報を収集した後、表計算ソフトを使ってその情報を整理します。
  2. 得られた情報から読み取れることをグループで探ります。
  3. グループごとに結論を出し、プレゼンテーション用ソフトを使って発表します。
  4. 優秀な発表を行ったグループは、学年集会や全校集会等で発表します。
  5. 各グループの結論や、思考の過程について皆で検証します。

[2学年]

以下の過程をすべてグループによる協働作業で行います。

日本政策金融公庫主催の「高校生ビジネスプラングランプリ」に取り組みます。

  1. 日本政策金融公庫の職員の方から講義を受け、ビジネスプラン作成のための方法や考え方について教えてもらいます。
  2. 社会における課題を発見し、現代社会に必要なビジネスプランについて模索します。
  3. グループで検討し、社会貢献につながるプランを作り上げます。
  4. 日本政策金融公庫の書類選考を経て、決勝大会に参加できるかどうかが決定されます。
  5. 選考の結果を踏まえ、自分たちの活動が社会に貢献できるものかどうかを皆で再度検証します。

TOPへ戻る