映像授業の活用 | 独自の取り組み | Adapt to change | 浦和麗明の学び | 浦和麗明高校

MENU

映像授業の活用

予備校の映像授業を多くの学校で活用していますが、どんなに素晴らしい映像授業もただ見ているだけでは力がつきません。本校では通常の授業と連動しながら積極的に活用して、効率的に学力を定着させていきます。

映像授業の特徴

  • 実績ある講師陣の精選した講座で、楽しく受講することができます。
  • 基礎力養成から応用力、実戦力養成まで幅広い講座が用意されているため、自分の実力にあった講座を受講することができます。
  • 個人の端末(スマートフォン・タブレット・PC)で利用が可能なので、わからないところに戻って繰り返し学ぶことや、定期試験前の復習などいつでも学習できます。
映像授業を活用できていない他校の例

受講できるように全員登録はしているが、受講は各自にまかされていて、受講していない生徒が多い。

放課後・長期休暇等に一斉受講しているが、受講してノートを取るだけで終わってしまう。

学年統一で同じ講座を受講しているため、各自のレベルに合っていない。

本校では…

「映像授業受講→授業で演習」または「授業で基本を理解→映像授業で演習」と授業の一環として映像を利用。

通常授業の一環として受講し、受講内容を一部定期試験で出題するため、学力がしっかりと定着する。

コース・習熟度別ごとに講座を設定しているため、各自のレベルに合ってる講座を受講できる。

TOPへ戻る