校長挨拶

夢こそ理想
校長挨拶

「2027年、65%が今ない仕事につくだろう」「今後、10年から20年の間に、47%が自動化されるであろう」こんな話を頻繁に聞く時代、これからの社会を生き抜く新たな力が必要となります。

本校は文武両道の男女共学校です。学力の向上だけでなく、部活動や地域との交流(越谷阿波踊りへの参加等)を通じて人間力も高めていきます。さらに、国際化の時代に向けての英語教育、タブレットを活用したICT教育、問題解決力やプレゼンテーション力を育てる総合的な探求の時間など、10年後、20年後の未来を生き抜く力を育てます。

また、叡明高校の教育理念としては「叡智・高志・協調」を掲げており、心の教育も実践していきます。優れた知性を身につけ、互いに協力し合う心を養い、高い目標に向かって努力していける人を育てます。

そして、人間関係の基本は「挨拶」です。挨拶は禅宗の修行法の一つである禅問答からきた言葉であると言われています。「挨(あい)」という字には「押す」「近づく」という意味、「拶(さつ)」には「迫る」という意味があります。つまり、挨拶には「自分の心を積極的に開いて、相手の心に迫る」という意味があります。挨拶に始まり、挨拶に終わる、明るく未来につながる学び舎。それが、叡明高校なのです。

校長 角道 俊哉

TOPへ戻る